スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

まずひとつめ!宇宙船から出てみませんか?

 

今年は、年始早々二つも喜ばしいことがありました。

 

まず一つ目は…

住まいのインテリアコーディネーションコンテストにて、「pocco」が優秀賞を受賞することができました。

パチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ!!と言っても3度目の受賞だったりするのですが…何度だって(笑)嬉しい限りです。

詳しくはこちらで

 

 

誰よりも理解してくれたクライアントのKさんと、無理と言わずに最後まで付き合ってくれた繁延建築さんのお陰だと心の奥底まで染み渡る感謝の気持ちで一杯です。このような賞を頂くと毎回思うのですが、勝手に設計して作っているわけではないので、いかにクライアントと施工者の理解が大切なことだと気づかせてくれます。現場の雰囲気が良い場合は、結果的にも良いものが出来ているような気もします。一人では何もできない建築家ですとほほ

 

 

昨今の住宅は、決して悪いことではないですが高気密高断熱であるがゆえに外部との繋がりが極限まで断ち切れた関係になっているように感じます。地球上にいるのにまるで宇宙船の中のような状況が少し不自然さと不健康さを感じてしまいます。この住宅は、大きなトップライトのある階段室を中心に構成されています。この階段室には、一部床をくり貫いた地面があり、緑豊かな庭のように使うことができます。もちろん緑には燦々と光が必要なので、この中庭階段はとても明るい空間となっています。少しだけ自然と共存しながら生活していくことを考えていく住宅です。

 

 

上の写真は、先日クライアントのKさんから送って頂いた写真なのですが、竣工時より緑がとても沢山増えていて背もグングン伸びています。右側のお子様は、Kさんのご子息さんですが植栽によくお水を上げてくれているようです。緑と一緒に逞しく育ってほしいな(笑)

 

JUGEMテーマ:建築

JUGEMテーマ:住宅

スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL