スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

令和初のブログを書こうと思って2ヶ月が過ぎようとしている…前回の続きだというのに、全くもって不甲斐なく度々反省の弁を書きつづりながら…

 

前回のブログの続きを書こうと思いながら令和を迎えてしまったのですが、誰もが気になるこの美術館の最もすごい空間の写真を載せていないことを反省して淡々と載せていこうと思います。

 

前回のブログはこちら…

 

 

 

しかし、改めて写真で確認すると凄まじい建築です。興奮してしまいます(笑)。もちろん美術館ということで日常空間を切り離した非日常空間を体験する施設ですが、経験や体験を上回る空間は久し振りでした。建築との関わりが25年を超えてくるとそうそう感動もしなくなるのですが、思わず「すっげー」と声が出ました。

 

 

ただこのようなかっこいい建築に対する誤解を解きたいと思うのですが、なにもこんな空間凄いだろう?とか、かっこいいだろ?みたいな形体操作によるものではないということです。もちろんこの美術館の形や空間はこの上なく面白いのですが上の写真を見てもらいながら想像してもらいたいのですが、皮膚をジリジリと焼く刺すようなアブダビの日差しが降り注ぐなかを大樹の木漏れ日を浴びながらベンチに腰掛け海からの涼しい海風を感じながらくつろぐことができるという体験がこの美術館のもっとも美しい点だと思います。

 

 

日中は暑すぎてクラクラしてしまう、いや少し命の危険を感じるほどのこの地域の強烈な環境の中でこのようにエアコンのない外部で活動できることは目からウロコの感動を個人的には感じてしまいました。

 

 

 

最後の写真は入口とは反対側の対岸からの全景です。

 

う〜ん…やっぱり…バスクリン(笑)。

スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL