京都 その一。

2008.12.05 Friday

0
     今日は、東京から大学時代の友人…戦友が関西に来ていたので、一緒に京都散策に行って来ました。京都に来るのは久々です。近い近いと思っているとなかなか足は向かないもので、とてもよい機会でした。本日は京都御所と大徳寺を拝観して来ました。京都御所は皆さんも知っていると思いますが、天皇が明治維新まで住まわれたところです。感想ですが、とにかく敷地がデカイの一言です。築地と言われる土塀に囲まれているのですが、入り口に行くまでにちょっとオロオロです(笑)建物もひとつひとつとても大きいのですが、開口部分に対して天井高さが非常に高く室内の天井部分に大きな暗闇が存在します。そのため、内部空間は不可思議な広がりが感じられます。ちなみに下の写真は小御所の写真です。
    京都御所
    もう一つは、大徳寺です。応仁の乱で荒廃したらしいのですが、一休和尚によって復興したとのことです。一休さんやるなぁ〜その当時は、ここでお寺を持つことがステイタスだったようですね。いつの時代もあるものですね。様々な庭があるのですが、紅葉の期間だったので自然の美しいに心が和みました。この写真は黄梅院です。そうそう、大徳寺にはお寺がたくさん集まったところです。行く時はちょっと時間に余裕を持って拝観して下さいね(笑)
    大徳寺

    もうちょっと…

    2008.11.30 Sunday

    0
      上村邸_吹抜
      今週も松山です。
       どうしても見て確認したかった壁が完成していました。納まりはかなり難しいことをお願いしていたのですが、とても綺麗な仕上がりです。ちょっと感動しました。棟梁、大変だったと思いますがありがとうございますでも、もう一つ難しい階段が残っているのでよろしくお願いします(笑)この吹抜けの部分はこの住宅の構成上、とても大切な空間です。天窓の大きさもかなり悩んで決めた大きさだったのですが、柔らかく優しい光でとても居心地のいい空間になりました。
      今週はいろんな方が現場へ見学に遊びに来てくれました。もちろん完成はしていないのですが、なかなか工事途中は見れないので、新鮮だったようです。仕上げで隠れている部分が、実はとても大切な部分であることがわかって頂けると嬉しく思います。
      それと、嬉しいような悲しいようなお話を聞きました。クライアント、遊びに来てくれた方のそれぞれに今住宅を建てられているお友達がいるようで、YIAの住宅を気に入って下さっているのですが、もうハウスメーカーで建てている途中で残念がっていると教えて頂きました。HPやミケをわざわざ見に来て頂いて色などを決めているようです。うーん、嬉しいような悲しいようなお話です。決める前に、一度連絡を頂ければと思うのですが…
      それとクライアントの御好意でオープンハウスを行う予定です。期間は準備が出来ましたら、HPで公開いたします。少しでも興味がありましたらご参加して頂けると嬉しいです。

      さて、何色?

      2008.11.26 Wednesday

      0
         外壁色
        今日、外壁のサンプルが送られてきました。
        青とか赤とかいろんな色はあるんですが、一つの色も色調や彩度、明度などによって表情が無限に変わります。それだけでなく色彩、明度、面積などの対比によっても色の認識が変わるという性質があります。並べてみると写真のようにかなりの違いが分かります。一番左の色はグレーに見えると思いますが実は茶色です。このように隣の色との対比によって視覚が勘違いしてしまうんですね
        そして外壁は太陽光に照らされるため、色のチェックは太陽の下で確認しています。照らす光の源も大切な要素です。また、このようにサンプルで確認する理由として塗装材のテクスチャーによって、視覚的な部分だけでなく身体的な受け方もかなり違ってくるためです。さてさて、いったいどの色を選択するのか?それはオープンハウスの時にご確認下さい(笑)